アロマ空間デザインのプレステージブランド・オーダーメイドの香りで心を満たす空間づくり - AOI's aroma – ウェルネスコンサルティング株式会社

認知症の高齢者や子供の心のケアに花を活用する試みが広がっています。

それは「マインドケアフラワーセラピー」と呼ばれ、アロマオイルの手浴と手遊びで緊張をほぐした後、入居者10人がキクやリンドウなどの花をスポンジに差し込んでいく、といったもの。

小さな花は周囲の人、アクセントになる花や葉は個性の強さを、長く伸びる花は気持ちの伸びやかさととらえる。花のレイアウトはそれぞれの人の個性や感情、ストレスを表しており、セラピストが花を見ながら心理分析することで、うまく言葉にできない気持ちに寄り添う。

とあるように、花のレイアウト状態から心理分析するとのこと。

言葉に出来ない気持ちを、花のレイアウトから読み取るなんてとても面白く、素敵なセラピーですよね。

レイアウトしている最中も笑顔で溢れています。

高齢者や子供の心のケア、ということですが、自分自身もちょっと体験してみたくなる、そんなニュースでした。

情報源: 花がもたらす癒しの効果 高齢者や子供の心のケアに(1/3ページ) – 産経ニュース

島根県の松江イングリッシュガーデンにて、来月2日まで「ハーブまつり」が開催されているみたいです!

このお祭りはミントやローズマリーなどが見頃を向かえる時期に合わせて、毎年実施されているそう。

今月に入り気温が下がったことにより、大きく生育が進んだのだそうです。

清々しい生きたハーブの香りに包まれるひと時は、素晴らしいものになるでしょうね。

大人だけでなく、赤ちゃんもリラックスしているかな?

情報源: ハーブまつり:香り満喫 松江イングリッシュガーデン、来月2日まで /島根 – 毎日新聞

今回は少し面白い香り商品のご紹介!

「DELICIOUS LIP CREAM」というシリーズのリップクリームなのですが、その名の通り様々な「おいしそうな食べ物」の香りのするものばかり取り揃えているみたいです。

ホットケーキやアップルパイ、キャラメルコーンなど定番のお菓子の香りのものあるみたい。甘い香りにお腹が減ってしまいそう…

中でも驚きなのが、「コーンポタージュ」の香り!

甘いコーンの香りがそのまま再現されているのでしょうか…?

ちょっと想像がつかないですね。

一度試してみたいかも…!

 

情報源: コーンポタージュのリアルな香りを再現したリップがあるって、知ってる? [T-SITE]

ちょっと面白いニュース。

金木犀の香りについて、本日ブログでも触れましたが、この「金木犀の香り」に

ついて、Twitter上でどれほど呟かれているか調べてみたところ9/26~27の間に急増していたとのこと!

25日の段階では、1000件程度だったツイートが27日時点では3万5000件以上にも上っていたみたい。

5d719c82e3a703fe328efa04eb79833c_s

このほんの1~2日の間に開花していたのでしょうね。

それだけ香りに気付く人が多かったということに、

改めて香りの影響力の大きさを感じました♪

情報源: 「金木犀の香り」ツイートが急増 「今年初めて」「昨日は香ってなかった」などと反応|ニフティニュース

2016年11月より、銀座から文化を発信するプロジェクト「BEAUTY CROSSING GINZA」*の第4弾として、「商品の芸術化」をめざした資生堂の香水瓶展「Les Parfums Japonais (レ・パルファム・ジャポネ) -香りの意匠、100年の歩み-」が開催されます!

B.CROSSING A4チラシ_1225入稿

資生堂銀座ビル1~2Fの「Ginza Communication Space」においては他の拠点に先行して、2016年9月26日(月)より展示を開始するそうです。

資生堂のフレグランス事業の100年に及ぶ足跡を辿ることの出来る本展示。

これは是非チェックしておきたいですね!

家庭紙製造販売のイトマンさんから、訪日外国人向けに日本らしさを感じることのできるトイレ紙の新ブランド「Japan Feeling」を発売したそうです!

日本に訪れる外国人の方は本当に多くなっていますし、誰もが触れるであろうものに日本を感じられる香りをつけるというのは面白い試みですよね。

da063006s

桜、ユズ、竹など日本らしい香りが計8種類ほどあるようです。

外国人の方だけではなく、香りにこだわりたい日本人の方にも人気がでそう!

香りつきのトイレ紙って、現状フローラル系のものが多い気がするので

ユズ、竹などは目新しくて使ってみたいなぁと感じさせますね。

情報源: 訪日客向けトイレ紙 イトマン、桜の香りなど8種

産経新聞社さんへ。

香りによる空間演出サービス事業にご興味をお持ちいただき
取材インタビューを受けました✨

beautyplus_20160912152754_save

頑張っている中小企業の経営者紹介ということで
10月の「サンケイビジネスアイ」
に載るそうです!!

不登校の子供や、学生の抑うつ状態を改善するために「アロマコラージュ療法」と呼ばれる新しい療法が取り入れられ始めているようです。

その第一人者となったのは作新学院大人間文化学部の福島明子教授。

そんな福島教授が考案した「アロマコラージュ療法」とは、一体どんなものなのでしょうか。

記事によると、

自ら調香した香りをかぎながらコラージュを作り、仲間と作品について意見交換することで自身の内面と向き合う療法。

約30種類の精油から好きなものを感覚的に選んで調香し、オリジナルの香水を作る。その後、雑誌や写真を切り抜いてコラージュを作成し、作品に込めた思いなどについて発表する。

といった内容のもののよう。

人間の中でもっとも原始的で本能的な「嗅覚」を通じ、湧き出たイメージを形にする事によって深い自己表現が期待出来るのだそうです。

嗅覚は人間の中で最も本能的な部分ですから、自分自身の心と向き合うのに

香りというツールを使うのは非常に効果的だったのですね。

o0480032113486744792

 

 

 

 

 

 

 

 

その期待通り、大学生や幅広い年齢層の方の被験者データでは

抑うつ状態が改善されたり、痛みが和らいだりといったポジティブな結果が出ていました!

香りと様々な方法を組み合わせることによって、可能性というのは本当に大きく広がるのだと改めて実感しますね。

香りと心理というのは本当に密接な関係があるので、今後もこうした新しい療法や技術で

たくさんの方の心に寄り添えるようになれば、と切に思います。

情報源: 不登校:子どもにサロン、作新学院大に開設へ 抑うつ緩和に期待 「アロマコラージュ療法」の福島明子教授 /栃木 – 毎日新聞

アロマとは関係がないのですが、ふと目にしたこの記事がとっても可愛くて思わず連続の更新。

その驚きの光景が見られる場所はオレゴン州オールバニ。

地面に寝そべりヤギに囲まれている人達…一体何してるの!?

そう、ヨガなんです。

それもヤギと共に行う新しいヨガ!…ではなく、開放的な農場でヨガを楽しんでいる人達の周りに人懐っこいヤギがたくさん寄ってきてしまったみたい。

なんて可愛いんでしょうか。

大自然の中、可愛い動物に囲まれるヨガ、一度私も体験してみたいです。

 

情報源: 癒し効果抜群!ヤギに囲まれてするヨガが楽しそう

コンビニなどで手軽に手に取りやすい「アロマなお菓子」の登場です。

香りやアロマを押し出した食品類はなかなか気軽に買えないものもありますけれど、こうしたグミなどになっていると手に取りやすいですね。

味の種類は「ベルガモット&オレンジ味」「ローズ&クランベリー」の2つ。

生活の木さんとのコラボ商品なようで、ただ香料を使っているものとは違い

それぞれ「イタリア産ベルガモットオイル」「ブルガリア産ダマスクローズオイル」を使用しているみたいです!食べたときの香りは結構広がるのかな?

ベルガモットオレンジはひと息つきたい時、ローズクランベリーは華やかな気分になりたい時に。

こうした一言があると何だか惹かれてしまいますね。

今日から先行発売されているそうなので、私も見かけたら買ってみようかな♪

情報源: ハウス「アロマカジツ グミ」<ベルガモット&オレンジ味><ローズ&クランベリー味> 9月12日から先行発売 | ニュースリリース | 会社情報 | ハウス食品

Top