アロマ空間デザインのプレステージブランド・オーダーメイドの香りで心を満たす空間づくり - AOI's aroma – ウェルネスコンサルティング株式会社

市場と研究から見る 世界の精油最新動向 まとめ2

まとめ2では「最近の新しいエッセンシャルオイル」や「フランスで人気の高い最新のエッセンシャルオイル」等についてまとめています。

 

■最近の新しいエッセンシャルオイル

※実際に試香紙を回して、香りを確認しながらの進行

□肝臓病
過剰な脂質の減量
ウコン、ゼラニウム(ペラルゴニウム ほとんどがブルガリア産)
※このゼラニウムは「ゲラニウム・マクロリズム」でいわゆる本物のゼラニウム(ふうろう草)
なじみのあるバラのような香りではなく、独特のクセの強い香りです。
・ウコン…胆嚢から胆汁を出す(効果があるのはターメリックの部分)

セリ科のラベージを一緒に摂取すると、肝臓の血流の流れをよくします。
メープルシロップのような甘い樹液の香りでした。

□摂取方法
主に経口摂取
胃薬や卵に混ぜて飲むなど、脂質の多いものに混ぜて飲むと効果的。(1日10滴?)

ここで、参加者から「肝臓に疾患を抱える人は他の薬の飲用していると思うが併用して飲むのは大丈夫なのか?」という質問が。
ドミニク氏は「血液凝固、糖尿病の薬に関してはある種のエッセンシャルオイルは問題を起こす事が分かっているが、それ意外は問題ない」との回答。

■最新の新しいエッセンシャルオイル その2

・フランスで人気の高い新しいオイルは
「サロ」「フラゴニア」「プチグレインコブミカン」「オガルカヤ」「ボロニオイデス」

各種オイルの効能や、産地などの詳細は長くなってしまう為、まとめ3にてご紹介致します!

 


  • 導入をご検討のお客様へ

    最適な香りのご提案からディフューザーの設置までサポートいたします。ぜひご相談ください。

    アロマ空間サービス代理店募集

    アロマ空間サービスの販売代理店をご希望の方は、下記よりお問い合わせください。

Top