アロマ空間デザインのプレステージブランド・オーダーメイドの香りで心を満たす空間づくり - AOI's aroma – ウェルネスコンサルティング株式会社

「香りのシルクロード」展@古代オリエント博物館へ

20150827_164417

池袋サンシャイン文化会館7Fの古代オリエント博物館でやっている
「香りのシルクロード」展へ。

古代エジプトの香りのコーナーでは青ロータス(学名nymphaea caerulea)が。

とっても静かで上品な雰囲気の香りでした。
古代エジプトの壁画にも頻繁に登場していたロータス。

こうして壁画を見ながら香リを感じながら思いをはせてみると、よりイメージが鮮やかになって古代エジプトにタイプトリップしたような気分にもなります。王族が過ごす空間は日々美しい香りに満ちていたのでしょう。

アケメネス朝ペルシアの香りのコーナーでは、フランキンセンス、ミルラの香りを体験できます。

イスラーム世界の香りのコーナーでは、アンバーグリスやムスクなどの動物性香料が体験できます。
いつも天然アロマを扱っている私にとってはなんとも深みのある香りです^^

そして!
西洋の香水のコーナーでは、
シャネル「No.5」
ナポレオンが愛した「4711」、
マリーアントワネットが愛した香水が体験できます。

日本の香りでは塗香が体験できました。

メソポタミア、ペルシャ、古代ギリシャ、西洋、中国、日本、それぞれの時代の香りを入れる器や香炉の展示も。
大好きなルネラリックの香水瓶の展示もありました。

ナポレオンが愛したコロン「4711」を香れば、(あの情熱を持ったナポレオンがこの香りって意外。でも遠征のときにこれを嗅いで落ち着かせてたんだなぁ)とか

マリーアントワネットが愛した香水を香って(華やかながらも不安定な時代を生きた彼女がこれを好むのもわかるなぁ)など勝手に妄想は膨らみます。

あらゆる時代のあらゆる地域での香りの文化を体験することができるお勧めのイベントです!

これを見ると、本当に人類と「匂い」というものが密接にかかわっていたことがわかりますし、交易や戦争で香料が行き交うことにより、さらなる二次的な文明を生み出されていった経緯なんかも興味深いです。

 2015年7月18日から、9月6日までやっています。
ぜひ足を運んでみてください!


  • 導入をご検討のお客様へ

    最適な香りのご提案からディフューザーの設置までサポートいたします。ぜひご相談ください。

    アロマ空間サービス代理店募集

    アロマ空間サービスの販売代理店をご希望の方は、下記よりお問い合わせください。

Top